MENU

動脈硬化症を改善するための絶食とは?

長年の不摂生により、血管内で動脈硬化が進んでいると、そう簡単に動脈硬化の進行を止めることは難しく、薬による治療を行っていても、なかなか改善しないことがあります。

 

ところが、ファスティングなどのダイエットを推奨している多くの専門家によれば、高血圧や動脈硬化は、絶食で改善するという事例を発表しています。動脈硬化は、高血圧を伴います。両者は密接に関わっている病気です。高血圧を伴う動脈硬化では、薬の服用による治療よりも、食生活を含めた生活習慣の改善を継続することが重要です。

 

その際に、「絶食」が効果を発揮することがあります。薬、特に血圧を下げるときに使われる降圧剤は、血栓が生じやすくなり、逆に動脈硬化を促進し、脳梗塞などの危険性が上がります。

 

正しい絶食(ファスティング)を行えば、血管内の余分な脂肪が溶け出し、血管が広がって血圧も低下します。こうした体の仕組みを知っていると、絶食がダイエットだけではなく、動脈硬化にも有効であるということがわかってきます。

 

 

正しい絶食を行えば血管年齢も若返る?

絶食は、動脈硬化を改善する効果があると言われています。同時に高血圧なども解消し、心疾患や脳血管疾患にもなりにくくなります。動脈硬化では、粥状の隆起と呼ばれる「アテローム性プラーク」が発生しています。このアテローム性プラークは、動脈硬化の原因です。

 

その発生原因は、コレステロールと血糖が結合したものです。糖質の摂り過ぎにより、アテローム性プラークが発生し、動脈硬化が引き起され、恐ろしい心疾患や脳血管疾患へとつながっていきます。

 

絶食は、体内への糖質の摂取が制限されます。また、自己融解により、血管内のアテローム性プラークをエネルギーとして使います。もともと、食べ過ぎや栄養素の摂り過ぎが原因で発生したアテローム性プラークです。絶食により、次々と自己融解されて使われるため、再び血管内がきれいになり、血管年齢の検査でも年相応になったり、若返ったりする結果となります。

 

 

 

動脈硬化にはDHA・EPA配合のサプリメントがおすすめです!
こちらでランキングしています☆