MENU

うつとオメガ脂肪酸の関係

うつなどの心の病には、DHA・EPAを摂取することで予防や改善ができるのではないかという研究が大学や企業で行われています。うつ症状は、脳の神経伝達物質のバランスの崩れが関係しており、不安定な精神状態や気力の低下を引き起こしていると考えられています。このようなうつ症状から精神的な安定に導いてくれる作用が期待できる成分がオメガ3脂肪酸のコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)です。

 

脳内の神経細胞とは、神経伝達物質により受容体が決まっており、受容体の形がきちんと整っていないと、神経伝達物質を正しく受け取れません。しかし、DHA・EPAに含まれるオメガ脂肪酸は、この形を整え、神経伝達物資を確実に受け取ってくれるので、気力の低下を防ぎ、うつなどの症状を軽減できるのです。

 

特にDHAは脳細胞を形作る大切な栄養成分であり、重要な役目を担っています。脳細胞で情報を伝達するという一番重要な働きをしている神経細胞は、神経細胞同志が樹状突起で繋がっており、情報伝達を行っています。この樹状突起に必要な成分がDHAであり、DHAが不足すると、神経細胞の働きが上手くいかなくなるというわけです。DHAは脳内に届く成分であり、また脳内の神経細胞の構成物質であることは、他のオメガ3系不飽和脂肪酸にはない性質です。

 

また、EPAには、血流を促す働きがあるので、十分な血流と酸素を脳に送ることができ、自律神経の乱れが整えられるため、うつ症状の改善につながることが考えられます。

 

 

 

DHAのアレルギーに対する抗炎症性について

アレルギーに関わりのあるヒスタミンやロイコトリエンなどの物質は、体内に溜まった余分な脂肪が関係していることが研究により分かっています。DHAやEPAは、血液の健康な状態の維持やコレステロール値の調整などで大切な働きをしていますが、余分な脂肪の代謝を促すことで、アレルギー物質の分泌を抑える効果も期待されています。抗炎症作用が高いDHAは、脂肪を減らすことで、アレルギーの元となる物質も減らすことができるというわけです。つまり、DHAはシクロオキシゲナーゼと呼ばれるアレルギーを促進する酵素の働きを阻害する力があるので、アレルギーに対する予防と改善が期待されています。

 

アメリカのテキサスにある大学の研究チームは、オメガ3系、オメガ6系脂肪酸は、炎症のメカニズムで中心となって働くプロスタグランジンE2と呼ばれる物質の生成を抑えられることを発表しました。さらに、オメガ3脂肪酸のうち、魚油の抗酸化作用のほうが植物性のオメガ3より強力であり、抗炎症作用が最も優れている成分が魚油のDHAであることも報告しています。
また、カナダの研究機関が、DHAとEPAの炎症マーカー(体内においてアレルギーなどの原因となるもの)の抑制や、脂質への効果の違いを調べたところ、炎症マーカーの抑制でDHAはEPAより効果が優れていることが分かりました。

 

 

 

 

DHA・EPAサプリメントのランキングに戻る↑↑