MENU

動脈硬化の予防に運動が大切!

動脈硬化とは、動脈内部に余分な脂肪やコレステロールが蓄積され、血管の柔軟性が失われる症状のことです。余計なものが血管内部に沈着していることで、血流が滞りやすくなり、最悪の場合には詰まってしまう恐れもあります。

 

更に柔軟性が失われてしまっていることから、衝撃に対しても脆弱になりやすい状況と言えます。血流の滞りは全身の冷え、活力低下などにつながることが懸念されますし、血管が詰まってしまうと、それは脳梗塞や心筋梗塞の発症にもつながります。

運動不足が引き起こす動脈硬化症

 

また血管が破れてしまうと脳卒中などの引き金になることも考えられるため、動脈硬化はとても恐ろしい状態です。ただし血管の状態は外側からは確認できません。ですからできるだけ動脈硬化にならないよう、その予防に努めることが必要です。動脈硬化の予防に効果的なことはいくつかあります。その中のひとつが運動です。

 

その理由として、まず運動をすることで食事から摂取した脂肪やコレステロールを消費できると言うことが挙げられます。それらがしっかりと消費できれば、血管内部に余計に付着することは予防できると言う具合です。それから適度な運動には、血流を促進させる作用もあります。血流が促進されれば、血管の詰りに対してのリスクが低くなることが期待できます。

 

そして酸素をとりこむことで血管の柔軟性が維持されやすくなると言うのも、理由のひとつに挙げられます。加えて動脈硬化は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病とも因果関係が深い症状です。

 

そして運動は、こうした生活習慣病の予防に際しても効果が期待できるともされているので、そうした面から見ても動脈硬化の予防につながることが期待できると言えます。

 

運動と言っても激しい運動を行う必要はありません。ウォーキングや早歩き、水泳と言った有酸素運動を、少ししんどいと感じる程度の強度で行うのが良いとされています。時間は30分程度で週に3〜4回、行うのが適切です。

 

ただこれだけの時間をとるのが難しいと言う人は、まずは生活の中でできるだけこまめに体を動かす習慣を持つようにすると良いです。

 

 

 

動脈硬化を予防するサプリ トップページへ戻る