MENU

動脈硬化の検査方法とは?

動脈硬化は、恐ろしい病気です。生活習慣病から始まって動脈硬化症に発展することも多く、毎日どんな生活を送っているのか、医師の問診でも簡単に生活習慣病による動脈硬化が疑われることがあります。その場合、病院ではすぐに精密な検査を行い、検査結果を受けて、動脈硬化症の進行具合とともに、今後の治療方針を検討していきます。

 

動脈硬化症は、自覚症状がありません。病院での検査では、「CAVI(キャビィ)検査」が行われます。検査機器を使い、あお向けに寝た状態で両腕や両足、首の部分の血圧と脈波を測定します。簡単な検査で約5分で終了します。検査が終わった後、すぐに医師からの診断が出ます。

 

他にも、基本的な検査として、血圧測定、血液検査が行われ、動脈硬化の危険因子の有無を判定します。また、超音波検査(エコー検査)による動脈硬化の視覚的な検査、MRI、X線CT、血管造影といった画像診断も行われます。

 

 

動脈硬化、検査結果による診断をどうみるべきか?

「CAVI検査」は、病院で行われる簡単な検査ですが、動脈の状態や血管年齢などがすぐにわかる検査です。動脈硬化は、老化により血管が硬くなったり、脂質が動脈内に溜まることで血管が狭くなる病気です。放置すれば、血管が詰まってしまいます。

 

動脈の状態とは、硬さや詰まりのことです。CAVIの値が高くなると、動脈が硬くなっています。足の動脈の詰まりは、ABIという数値でわかります

 

検査時に横になった状態で、足首の血圧が腕の血圧よりも低い値が出ると、足の動脈の詰まりの有無を判定できます。ABIが0.9未満であれば、動脈硬化症の疑いがあり、足の痛みを感じていることが多いようです。

 

 

動脈硬化の予防にサプリ! TOPページへ戻る