MENU

動脈硬化の予防にはサプリがおすすめ

動脈硬化の改善や予防する方法は運動や食事法がありますが、サプリメントもおすすめとなります。動脈硬化とは、血管の流れが悪くなりなったり、流れを塞いでしまう状態のことを言いますが、そのような状態にならないように対策をすることができます。

 

サプリの栄養素として有名なのが、DHAとEPAになります。この成分は青魚などに多く含まれる成分となり、血液をサラサラにする作用があるとされています。動脈硬化の予防には悪玉コレステロールや中性脂肪を下げることが重要となりますが、DHAとEPAにはそれらを下げる働きがあると言われています。

血管をサラサラにするサプリがおすすめ

 

動脈硬化の他にも心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病などの予防と改善効果があるため、健康のために摂取したほうが良いサプリとなります。DHAとEPAは食事から摂取できるとされていますが、毎日食事から摂取することは難しいとされているので、健康のためにDHAとEPAが配合されているサプリを試してみるのも良いでしょう。

 

一日の推奨摂取量は1000mgになり、摂取し過ぎても問題ないので、副作用に関しては安心して良いかと思います。

 

サプリの選び方としては、DHAとEPAは壊れやすいので、きちんと保存されている成分が入っているかを見ることが大切となります。成分としては、抗酸化作用のビタミンE、ビタミンC、セサミンなどがあります。これらが配合されていると、DHAとEPAは酸化しにくくなり、本来の威力を十分に発揮できるようになります。

 

DHAやEPA以外にも血液をサラサラににする効果のあるものはいくつかあり、ナットウキナーゼ、クエン酸、アルギン酸などが挙げられます。これらはDHAとEPAと一緒に含まれているサプリもあるので、相乗効果が働いて効果を高めることになり、おすすめとなります。

 

動脈硬化の予防で人気のサプリとしては、さくらの森の「きなり」や、小林製薬の「ナットウキナーゼ」があり、二つともDHAとEPA、ナットウキナーゼが配合されているものとなります。

 

 

動脈硬化を予防するサプリへ戻る