MENU

動脈硬化予防に効果的な食事の際の心掛けとレシピ

動脈硬化の予防に効果的な食事は、様々な食材を満遍なく取り入れた、栄養バランスが取れた食事です。動脈硬化は血管が狭くなったり、硬くなったりして血液の循環が滞ることにより発症する病気なので、コレステロールや脂質がたまらないような食事を摂るように心がけることが必要です。

 

特に、ナットウキビナーゼ、クエン酸、アルギン酸、ビタミンE,ビタミンC,DHA,ポリフェノールが含まれている食材には、血液をサラサラにしてくれると言われています。一つの食材に限定することなく、多くの種類をバランスよく摂って動脈硬化を予防しましょう。

バランスの良い食事

 

動脈硬化予防におすすめなレシピとして、この寒い季節を心も体も温めてくれる「石狩なべ」が良いでしょう。鍋の具材には、鮭、人参、豆腐、春菊、小松菜などを入れます。これらの具材には、動脈硬化に効果のある食材が入っているうえに、栄養素も沢山含まれており、動脈硬化予防には非常に有効な料理です。

 

ただし、注意する点は、味付けは薄味にすることです。汁を全て飲んでしまうと、塩分の摂りすぎになってしまい、せっかく体に良い具材を使用しても効果がでません。また普段、味が濃いものになれている方には、薄味だと「味がない」と感じてしまうかもしれませんが、薄味で生活をしていると薄味になれてきますので、最初、慣れるまでは我慢して食べましょう。

 

また、簡単に作れるレシピには、パスタがあります。食材は、パスタ、きのこ、玉ねぎ、ほうれん草、オリーブオイル、お魚を入れるのがおすすめです。

 

お味噌汁もわかめや野菜を沢山入れ、具沢山の味噌汁にするのがおすすめです。味噌汁を作る際には、野菜や海藻類には、塩分を外に排出する作用のカリウムも多く含んでいるのでそこまで神経質になる必要はありませんが、顆粒だしには塩分が沢山含んまれていますので、できれば、昆布やカツオ、煮干などでダシをとると良いでしょう。

 

その他に、かぼちゃの煮つけもおすすめです。

 

動脈硬化予防に効果的な食事をとり、適度な運動を心がけて動脈硬化を予防することが大切です。

 

 

トップページへ戻る