MENU

動脈硬化の仕組みを理解するためのマクロファージ

血管は、歳と共に老化していきます。糖尿病や神経障害などは細い血管の障害から発症しますが、動脈硬化は、心臓の冠動脈や脳の動脈などの太い血管で発症します。血糖値が高い方は、動脈硬化を起こしやすく、その後、将来的には神経障害を含めた糖尿病へと症状が広がり悪化していきます。

 

血管の老化は避けられませんが、動脈硬化や糖尿病により、実際の年齢以上に血管が老化してしまいます。特に動脈硬化は、非常に恐ろしい病気です。血管が狭くなり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めてしまいます。

 

動脈硬化の仕組みを理解するときに登場するのが「マクロファージ」です。

 

健康な血管であっても動脈硬化が進むと、血管壁に「プラーク」と呼ばれる異常な組織が形成されます。プラークは、血液中の余分なコレステロールが血管内に入り込んで形成されます。

 

しかし、健康な血管であれば、白血球がマクロファージに形を変え、コレステロールを消化していきます。ところが、マクロファージは、コレステロールを取り込みすぎると破裂して死んでしまい、血管内に残骸が残ります。

 

動脈硬化が起こる原因は、体内にコレステロールを取り込みすぎて、プラークとコレステロールを消化しきれなくなったマクロファージの残骸が増え、血管が細くなるということです。

 

 

マクロファージが増えると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが増大!

プラークの形成とマクロファージの残骸により、血管内皮細胞にも障害が起こりやすくなります。血栓と呼ばれる血の塊が起こりやすくなるのも、血管内にマクロファージやプラークが蓄積された結果によるものです。

 

動脈硬化は、血栓を溶かす働きの弱った状態になっており、血栓ができやすい状態になっています。結果的にプラークの中のマクロファージが多くなれば、プラークが破れやすくなり、血小板が集まって血栓ができやすくなります。こうして、マクロファージの増加により、血管が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞を起こすリスクが高まるということです。

 

 

 

動脈硬化の予防についてのサイト TOPページへ戻る

 

動脈硬化とマクロファージ