MENU

聞きなれないホメオパシーとは?

ホメオパシーは、「レメディ」と呼ばれるヨーロッパで医薬品扱いの薬を処方しますが、日本では医薬品ではなく食品です。ホメオパシーは代替治療として西洋医学との統合医療として用いられています。

 

ホメオパシーは、人間の自然治癒力を活用した治療法です。薬による対症療法よりも、患者自らの自然治癒力を発動させています。その仕組みを理解し治療するためには、正しいホメオパシーの知識を得て実践する必要があります。

 

ホメオパシーでは、似たものが似たものを治療するという考えのもと、最小限のレメディの投与により、病気の人全体にそれぞれに合った個別の治療により、自然治癒を目指します。

 

 

ホメオパシーは代替医療として動脈硬化にも有効

ヨーロッパでは、ホメオパシーで使用されるレメディには、火傷や切り傷にも即効性があるとも言われています。ホメオパシーは、診察や治療に高価な機械を用いることはありません。長期的に治療する疾患、慢性的な病気、治療の難しい病気に大変有効だと言われています。

 

ヨーロッパでは、西洋医学の代替医療として、ホメオパシーの有効性も認められており、動脈硬化や心筋梗塞などの治療にも併用されています。心臓発作などの緊急時には、救急車が来るまでの間に患者にレメディを処方します。

 

レメディには、その後の発作や合併症を防ぐ役割があります。ホメオパシーによるレメディの処方は、必ず専門家が行います。病院内での治療は、法的な問題があり、あくまでも緊急時やリハビリ、アフターケアの段階で処方することで、代替医療としての力を発揮しています。

 

動脈硬化などの循環器系疾患でも、ホメオパシー治療を併用すれば、回復して普通の生活を送るまでの期間が短縮されます。心臓病や動脈硬化は、慢性的な疾患です。ホメオパシーを代替医療として考えれば、長期的な治療に関しての視野が広がり、その選択肢も増えます。

 

 

動脈硬化の予防には、食物繊維を豆類を意識的に摂取し、三食の食事をバランスよくゆっくり噛んで食べることが大切です。また、脱水症状で血液が固まってしまうのを防ぐためにも、水分はこまめにとるようにしましょう。

 

動脈硬化の改善にサプリメントがおすすめ