MENU

動脈硬化の3タイプを徹底解説!動脈の構造と合わせて紹介

動脈硬化は、どの症状や場所によって3つのタイプに分けられています。

 

動脈硬化を的確に把握する為にも、動脈の構造から理解していくことがオススメです。今回は、動脈の基本構造と合わせて、動脈硬化の3種類をわかりやすくまとめてみました。

 

 

動脈硬化の3タイプを知るために動脈の構造を理解しよう

心臓から送り出された血液を全身に運ぶ役割を担っているのが動脈です。枝分かれを繰り返しながら、全身に張り巡らされています。動脈の壁は3層構造です。

 

  • 一番外側が「外膜」
  • 真ん中が「中膜」
  • そして一番内側は「内膜」

 

となります。弾力性や柔軟性があり、内壁はなめらかです。

 

しかし、動脈が硬化してしまい、内部が狭くなるなど血液循環が悪くなった状態を動脈硬化と言います。

 

 

動脈硬化には3タイプがある

動脈硬化は、発症の仕方や起こる部位によって、3つのタイプに分類されています。

 

@粥状硬化
動脈の一番内側である内膜部分にコレステロールなどが付着し、アテロームと呼ばれるドロドロした粥状の物質が溜まって、内腔が狭くなるタイプの動脈硬化です。比較的太い血管で起こりやすく、血栓などが詰まってしまうと脳梗塞や心筋梗塞などの原因となります。

 

A中膜硬化
動脈の真ん中の層である中膜部分に、カルシウムが溜まり石灰化してしまうタイプの動脈硬化です。高齢者の下肢部分で、よく発症します。

 

B細動脈硬化
細動脈硬化は、細い動脈の3層全体がもろくなることで起こります。血管壁が破れやすい、細いゆえに血栓が詰まりやすいなどの特徴が見られます。

 

 

一般的な動脈硬化は粥状硬化

一般的に動脈硬化として知られているのは、粥状硬化です。ドロドロした粥状物質の映像をテレビの健康番組などで見たことがある方も多いでしょう。患者数も3タイプの内で一番多いと言われています。

 

身体の太い部分の血管と言えば、大動脈や脳動脈など、人体の重要な機関に関わっている為、悪化すると命の危険がある重大な疾患を引き起こしてしまう原因となります。

 

もちろん、どのタイプの動脈硬化も発症しないように予防しておくことが大切です。動脈硬化の予防法として、規則正しい生活習慣を身につけていることがとても効果を発揮します。自分の健康を守るためにも、日頃から食事や運動習慣に気を配るなど、注意しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

動脈硬化にはDHA・EPA配合のサプリ!⇒こちら