MENU

動脈硬化は10代から始まるって本当?生活習慣を整えることが重要

動脈硬化がいつ頃から始まるかご存知でしょうか?なんとなく中年になってからというイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかし、実は動脈の硬化は10代から既に始まっていると言われています。

 

動脈硬化は多かれ少なかれ誰でも起こる症状です。10代から始まったとしても、その進行スピードには差があります。そのスピードを決定している重要な要因が生活習慣です。詳しく見ていきましょう。

 

 

動脈硬化は10代から始まっている?

誤解している人も多いですが、動脈の硬化の初期症状ゼロ歳の頃から既に見受けられます。そして10代に入ってから急に進むとされています。そして早い人では30代後半くらいに完全な動脈硬化が発症してしまうのです。血管は一生付き合っていく存在です。そして動脈硬化は老化現象の一種なので、起こることは不自然なことではありません。

 

動脈硬化には自覚症状がほとんどないという特徴があります。しかし、症状が進行してしまった場合、脳梗塞や心筋梗塞などを発症する原因となります。ただ、生活習慣に気を配って進行を遅らせていたなら、一生発症しない可能性もあるのです。

 

 

動脈硬化を予防する生活習慣の重要性

健康的で規則正しい生活を送っている人は、動脈硬化を予防し、進行スピードを遅らせることができます。動脈硬化の治療法には薬物療法もありますが、主に中心となるのは生活習慣を見直す一般療法です。バランスが良く、適度なカロリーで塩分控えめの食事、そして毎日の運動習慣など、健康的な生活を送れるように改善することが指導されます。

 

若い頃は無茶が効きますが、ダメージは着実に蓄積しています。喫煙習慣がある人は要注意です。動脈硬化を促進させてしまっています。また、過剰なアルコール摂取も血管の負担になることが知られています。

 

いつまでも健康でいる為には、ふさわしい生活習慣を意識的に身につけることが大切です。

 

 

 

生活習慣を改善して効果的に症状を改善する方法やサプリについてのサイトです→→トップページをチェック!