MENU

動脈硬化の予防・改善にはDHA&EPAサプリがおすすめです☆

動脈硬化の予防・改善はサプリが効く??
日頃、皆さんはどのような食生活を送られていますか?

動脈硬化のリスクが高くなる食事とサプリ


焼き肉、ラーメン、ステーキ、ハンバーガー、唐揚げなど脂っこいほど美味しく感じる食べ物は、本当に美味しいですよね。ただ、これらの食生活を続けていると、血中にコレステロールや中性脂肪が徐々にたまり始めてしまいます。

 

コレステロールや中性脂肪などの数値が高くなると、血管の動きが悪くなり動脈硬化になるリスクが高くなります。万が一、動脈硬化を発症すると心筋梗塞、脳梗塞など死を招くような大病を引き起こす危険性が高まります。

 

動脈硬化を予防・改善するにはどうすればいいでしょうか?

サプリで身体中の血液をサラサラにして動脈硬化予防・改善!

動脈硬化は、動脈(血管)が詰まったり、硬くなったりして弾力性や柔軟性を失ってしまう症状ですので、これを改善するために血液の流れを良くすればよいのです。

 

そのためには『血液をサラサラにすること』が大切です。

 

そこで活用したいのが栄養補給食品のサプリメント。血液をサラサラにして、動脈硬化の予防・改善が期待できるサプリメントとして「DHA」「EPA」を配合した人気商品をランキングしています☆

動脈硬化を予防・改善するサプリメント【おすすめランキング2017】

 

動脈硬化の予防効果のあるDHA・EPAサプリ「きなり」

きなり(さくらの森)の特徴

『きなり』に含まれるオメガ3脂肪酸は、血液をサラサラの血液に変えてくれる作用があります。
忙しい現代人、中々食事に気を遣うこともままならず魚料理を作る時間が無く、魚を摂取する機会が減少しており、そういう方にとって、このサプリメントはとても便利な逸品と言えるでしょう。
DHA・EPAは、血液をサラサラにしてくれる作用に貢献してくれると言われますが、どうしても魚臭さを感じる方もいますが、サプリメント自体にオレンジの香りを配合していることから、飲みやすく毎日飲み続けることが容易です。
DHA・EPA含有のサプリメント『きなり』は、ビタミンB群も豊富に配合されマルチビタミン並みの豊富な栄養成分を持っています。
『きなり』は、血液をサラサラにして動脈硬化の予納に適したサプリメントです。

価格 定期コース初回1,980円
評価 評価5
備考 安心の15日間返金保証あり!継続の縛り無し!1日あたり66円♪
 

動脈硬化にDHA・EPAオメガプラス!

DHA&EPAオメガプラス(みやび)の特徴

『DHA&EPAオメガプラス』は、血液サラサラにする成分として青魚に多く含まれる成分DHAとEPAが含有されています。
そしてオメガ3脂肪酸系の必須脂肪酸である「αリノレン酸」も含む亜麻仁油を配合しています。
さらに、酸化防止剤としてアスタキサンチンやクリルオイルも配合されています。また、『DHA&EPAオメガプラス』は、DHAとEPAの成分の酸化を守るビタミンEも含有されており効率よく体内へと吸収されていきます。
動脈硬化が気になる方に、予防対策と健康維持を考えて『DHA&EPAオメガプラス』をおすすめします。

価格 定期コース初回1,666円
評価 評価4
備考
 

大正DHA・EPA(大正製薬)の通販購入

大正DHA・EPA(大正製薬)の特徴

今ではすっかりと有名になったDHA・EPAサプリメントですが、その効果は動脈硬化の予防・悪玉コレステロールの抑制・記憶力アップ・冷え性の改善など様々な効果があります。

そんなDHA・EPAサプリメントの中でも大正DHA・EPA(大正製薬)は、効率よく成分を吸収できるように溶けやすいカプセルを使用し、しかもDHA・EPAのバランスがとても良く1日分でDHA・EPA600mgと高配合です。また、酸化しやすいDHA・EPAの弱点を防ぐ為に一日分ずつアルミに個別包装しているのでしっかりと成分を摂取する事が出来ます。

30日分が通常価格4000円ですが、今ならばキャンペーン価格の1000円で購入できますし、もしも定期購入をするならば7つの特典もついてくるのでかなりお得に購入できます。

価格 定期コース初回 1000円
評価 評価4
備考 大正製薬による高い品質のサプリ☆ 継続購入の縛りなし☆
 

ユンケルでおなじみの佐藤製薬のDHA・EPA

美健知箋(佐藤製薬)の特徴

DHA・EPAのサプリメントである『美健知箋』の最大の魅力は、オメガ3脂肪酸の含有量が豊富なことです。なんと、1包にDHA550rとEPA200rを配合していますので、厚生労働省が推奨しているオメガ3脂肪酸の1日の摂取量1,000rに近い量のDHA&EPAを補給することができます。
1日に2包を服用すると、厚生労働省の推奨する1,000rのオメガ3脂肪酸を簡単に体内へ取り込むことが可能です。つまり、動脈硬化予防を期待できる、血液をサラサラにする成分DHAとEPAが簡単に体内へ取り込めることにつながります。
サプリメントは小粒で飲みやすいように、アルミのスティック包装が施されていますので、DHAとEPAを酸化から守ってくれます。
何よりも嬉しいのが、『美健知箋』はシームレスカプセルですので、体内で素早く溶けていきます。すなわち、体内で吸収されやすいことから効率の良いサプリメントなのです。

価格 定期コース初回1,000円
評価 評価4
備考 「ユンケル」シリーズでお馴染みの製薬会社のクオリティのDHA・EPAサプリ!
 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット(小林製薬)で動脈硬化予防!

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット(小林製薬)の特徴

ナットウキナーゼ&DHA&EPAの最大の特徴は、記憶力向上や血圧などの健康に関した数値に偏った食事が気になる人をサポートしてくれます。

一番の特徴はナットウキナーゼの効果です。この成分は納豆に含まれていてねばねばの部分のたんぱく質分解酵素のことで、血栓を溶かして血液をさらさらにする作用があり、血液中のコレステロール値や中性脂肪を減らしてくれます

また、DHAは記憶力アップ以外にも、血管や赤血球の細胞膜を柔らかくしてくれて、EPAは血小板の血液が固まるのを抑制する効果があるといわれています。この働きから動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血管関連の病気の予防に期待が出来ます。

価格は1620円(税込)ですが、初回限定で30%オフのキャンペーンがありこれだと1134円(税込)で購入が出来ます。

価格 初回1袋 1134円
評価 評価3
備考
 

AOZA(ドクタースマイル)で動脈硬化予防!

AOZA(ドクタースマイル)の特徴

AOZA(ドクタースマイル)の特徴としてDHA、EPA、コエンザイムQ10などのオメガ3といわれる栄養成分がバランスよく配合されていることが挙げられます。

オメガ3は動脈硬化予防やアレルギー症状の緩和など、さまざまな効果が期待できます。主にイワシなどの青魚に多く含まれ、美容や健康によい効果を発揮することで知られていますが、毎日青魚を摂取することはなかなか難しく、また青魚が苦手な人もいるのが現状です。

ですがAOZA(ドクタースマイル)であれば手軽に摂取することができ、年齢を問わず子供から大人まで飲むことが可能です。初回限定のトライアルセットなら税込2263円という価格で購入することができ、更にお得な定期コースもあります。

価格 トライアルセット2263円 or 定期コース初回7800円
評価 評価3
備考
 

DHA&EPA+サチャインチ(バイオサプリ)で動脈硬化予防!

DHA&EPA+サチャインチ(バイオサプリ)の特徴

DHA&EPA+サチャインチには、動脈硬化の原因を予防するための成分が多いのが特徴です。

青魚に豊富なDHAとEPAを基礎にしながらも、ビタミンEの含有量が豊富なサチャインチを使っているために、抗酸化作用を高める効果も期待できます。こうした特徴を備えていることから、日頃から不規則な食事をしている人を支えることも可能にしています。

さらに、青魚や野菜類が苦手な人にとっては、血液をサラサラにしてくれる成分を簡単に摂取できることも嬉しい内容となります。副原料となるサチャインチは日本では珍しい植物ですが、太陽と大地の恩恵を受ける形で栄養価は凝縮しています。

DHA&EPA+サチャインチの価格は一袋で2160円ですが、まとめ買いにすれば割引率が高くなります

価格 1袋購入2160円 or 定期コース初回1080円
評価 評価3
備考
 

A・E・Dクリルオイルで動脈硬化予防!

A・E・Dクリルオイルの特徴

A・E・Dクリルオイルの特徴は、動脈硬化を予防する効果があるということです。

クリルオイルサプリメントの総合ランキングでは1位です。そして、価格でも一日の摂取量でDHAが62mgとEPAが137mg、リン脂質が472mgとれコストは216円とコストパフォーマンスがよく1位になっています。

クリルオイルとはあまりなじみのない商品ですが、EPAとDHAを含んだ油です。これは、魚由来のものではありません。南極オキアミという生物を原料にしています。この南極オキアミから抽出された油をクリアオイルと呼びます。

これは、血液をサラサラにしてくれる効果があるので、動脈硬化の予防になるのです。中性脂肪の改善も魚油よりクリルオイルの方が効果があるというデータもあります。

価格 初回1袋 500円
評価 評価3
備考
 

タマネギの力(ハウス)で動脈硬化予防!

タマネギの力(ハウス)の特徴

「タマネギの力」は、長年玉ねぎの研究を続けてきたハウスが独自製法で作り上げた健康食品で、その特徴として、玉ねぎのサラサラ成分である「玉ねぎ発酵エキス」とブロック成分である「玉ねぎ外皮エキス」の2つの有用成分を凝縮しているということが挙げられます。

このサプリの目安量は1日に3粒ということになっており、非常に飲みやすい形で効率的に栄養を摂ることができます。また、タマネギには、動脈硬化、高血圧予防などの他、疲労回復、不眠解消など幅広い効果があるので、「タマネギの力」はさまざまな人の健康に役立つサプリメントと言うことができます。

価格は30日分(90粒)で税込5143円ですが、定期お届けコースならば割引となります。

価格 初回1袋 1600円
評価 評価3
備考

 

 

『DHA&EPA』の補給で、血液サラサラに動脈効果の予防・改善をしよう!

動脈硬化が進行すると、

  • 脳梗塞
  • 脳出血
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 狭心症
  • 腎機能障害
  • 糖尿病

などといった様々な病気にかかるリスクがでてきます。
動脈硬化を防ぐためにしなければいけないことは、中性脂肪や悪玉コレステロールを取り除き血液の流れをスムーズにする必要があります。

 

そのためにも、食事内容や食べ過ぎに注意をして、悪玉コレステロールなどを正常な数値にもどす必要があります。血液がドロドロになったり、血管が硬くなったり、血管が詰まったりすることで、命にかかわる重大な病気を引き起こします。しかも、体の様々な動脈、つまり全身の血管で起こる可能性があるのです。

 

人間は血液によって栄養素や酸素を体全体に送ります。つまり血液の流れに問題があるということは、命に関わる問題でもあるということなのです。こうした病気リスクを回避するために、日頃から血液をサラサラにすることを心掛けることが大切です。そのためには、DHA・EPAの摂取が一般的に有効とされています。

 

DHAとは「ドコサヘキサエン酸」の略称で、人の体内では作ることのできない栄養素で、EPAは「エイコサペンタエン酸」の略称で、同じく体内では作ることはできません。

 

DHAもEPAは青魚に多く含まれていますので、日頃の食生活において血液をサラサラにする青魚料理と、DHA・EPAのサプリメントの服用で、健康を維持し豊かで楽しいライフスタイルをお過ごしくださいね!

 

 

動脈硬化を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

動脈硬化予防ガイドラインとは

動脈硬化の予防にはバランスの良い食事とDHA・EPA配合サプリメント

動脈硬化とは血管内のコレステロールが多く付着することで、血流や血管の状態が悪くなる状態のことです。こうなると血流が詰まりやすくなったり、少しの衝撃でも血管が破れやすくなります。

 

そしてこのことは脳血管疾患や心筋梗塞などのリスクを高める要因となります。ですから動脈硬化は予防に努めるのがいちばんです。動脈硬化の予防については、動脈硬化については勿論のこと、それに伴う疾患の予防も目的としたガイドラインが存在しています。

 

2012年にその内容が5年ぶりに改訂されました。ではガイドラインにはどのようなことが記載されているのか、また5年ぶりの改定ではどんな点が変わったのかなどを見ていきます。

 

まず内容ですが、これは脂質異常症の予防を第一にしています。脂質異常症とは、血液中の脂質、コレステロールなどが異常に高くなってしまう状態です。この状態になると血流はドロドロになり、血管にダメージを与えやすくなります。そのダメージに耐えるため、血管はコレステロールなどを蓄え硬くなろうするので、脂質異常症は動脈硬化のリスクファクターと言うことができます。ですからガイドラインに関してもそれを予防することが第一とされていると言う具合です。

 

次に5年ぶりにどのような改定が行われたかと言うと、食事療法において摂取できるコレステロールの量に関して大きな変更がありました。2007年度版では、第1段階で1日300mg以下、第2段階で1日200mg以下と設定されていたのですが、2012年の改定では1日200mg未満となりました。つまり2段階設定がなくなり、量もより少なく改訂されたと言うことです。

 

これはやはり動脈硬化の予防を心がけるのであれば、食事から摂取するコレステロールの量は少ない方が良いためです。そしてその上で、適切な運動を行ったり、水溶性食物繊維を摂取すればコレステロールの消費や排出が促され、動脈硬化の予防がより効果的に行うことができると言う主旨が、この改訂には含まれています。
「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年」版をチェック!

 

 

動脈硬化の予防・改善に良い食品と成分

動脈硬化の予防に良い食品とDHA・EPAサプリ

動脈硬化は、生活習慣病とも密接に関係しており血管の状態が悪くなっている状態を指します。血液中に脂肪分が増えることにより、血液がドロドロとし、詰まりやすくなっていますが、血管内の事であるので自覚症状がほとんどなく血液検査や血管年齢を測る機器によって状態を知ることができます。

 

動脈硬化はそのままにしておくと心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病にある日突然なってしまいます。そのため動脈硬化を予防することが大切で、予防には食べ物に気を配ることが重要です。

 

動脈硬化の予防に良い食品には、イワシやうなぎ、サバやサンマといった青魚類、イカやタコ、ブロッコリーやアスパラガス、ニラ、玉ねぎ、キャベツ、ニンジン、しょうがといった野菜類、納豆や豆腐といった大豆製品、キウイ、いちご、バナナ、グレープフルーツといった果物類、かんぴょうやヒジキ、干しシイタケなどの乾物類があります。

 

特に玉ねぎには硫化アリルと呼ばれるにおいの成分が含まれており、この成分によって血液をサラサラとした状態にすることができます。加熱してもその効果は減ることがなく、逆にコレステロールも減少させることができるので、中性脂肪値も合わせて減らすことができます。しょうがにも加熱した際に現れるショウガオールの成分が血管を修復させてくれるので、動脈硬化の予防になります。この他、納豆や豆腐に含まれているサポニンと呼ばれる成分も血液の流れを良くします。納豆にはナットウキナーゼも含まれており、血栓をできにくくし、溶かしてしまう作用もあります。

 

なお、動脈硬化を予防するには、水溶性の食物繊維をとることも大切になります。水様性の食物繊維は血糖値の上昇を緩やかにし、高血圧も改善することができます。乾物類やキノコ、海藻類などに多く含まれているので、積極的に食事に取り入れると良いでしょう。キノコやこんにゃく類は多く食べても大丈夫ですが、他の食材は食べすぎてしまうと逆効果になることもあります。良くかみ、ゆっくりと食べるようにします。

 

ナットウキナーゼで動脈硬化を予防・改善しよう!

サプリで血液をサラサラにしよう

誰もが知っている健康食品、納豆。しかし、納豆は体にいいものだということはわかっていても、実際にどう体にいいのかを聞かれると答えられない方も多いのではないでしょうか。

 

納豆を食べることで得られる最大のメリットは、ナットウキナーゼという成分がもたらすズバリ「血液サラサラ効果」です!つまり、ドロドロ血液が引き起こす動脈硬化の予防に効果があるのです。危険な心疾患を引き起こす可能性のある動脈硬化を、ナットウキナーゼでしっかりと予防しましょう!

 

 

動脈硬化とは?

動脈硬化に効くサプリ

ナットウキナーゼのパワーをご紹介する前に、なぜ動脈硬化が起こるのかを知っておきましょう。

 

弾力性や柔軟性に富んでいる正常な動脈であれば、臓器や筋肉に必要な酸素と栄養を供給しますが、コレステロールなど血液の脂質が動脈にたまったり、高血圧により常に血管に負担がかかったりしていると、動脈は弾力性を失い硬く、もろくなってしまいます。このような状態のことを「動脈硬化」といいます。

 

動脈硬化が進行すると、心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞、脳出血など)を引き起こす恐れがあり、非常に怖い状態なのです。また、このようなコレステロールなどによってドロドロになった血液は、血管に血のかたまりである血栓をつくってしまい、この血栓ができてしまうことによりさらに血管が詰まりやすくなってしまうのです。

 

 

ナットウキナーゼが動脈硬化に効く理由とは?

DHA・EPA配合のサプリが人気

ナットウキナーゼとは、納豆のねばねばしている部分に含まれている酵素のこと。このナットウキナーゼには血栓を溶かし出してくれる作用があります。コレステロールなどが原因で出来た血の固まりをサラサラな状態にしてくれるのです。また、ナットウキナーゼに含まれる血液サラサラ効果は、一般的な抗血栓薬と同等の効果だとも言われており、高血圧や動脈硬化の予防に繋がります。

 

さらに、ナットウキナーゼには、血液中のコレステロールを増やしてしまう悪玉コレステロールを減らして、血液中のコレステロールを回収する善玉コレステロールを増やす作用があります。悪玉コレステロールが多いと、血栓を作ってしまう原因となるドロドロ血液になってしまいます。血栓予防と血栓を溶かしてくれるというWの効果が期待できる、とっても頼りになる成分なのです。

 

 

ナットウキナーゼはサプリで摂ると◎

動脈硬化の改善にサプリ

納豆を食べることは体にいいことなので、ぜひ習慣化してほしいのですが、ナットウキナーゼは、酸と熱に弱いため胃酸によって60%以上が死滅してしまいます。そのため、動脈硬化の防止として1日必要な量を摂るためには5パック分の納豆を食べる必要があります。

 

さらに納豆を食べる際にしょうゆやだし汁を使う人も多いと思いますが、多く食べれば食べるほど高血圧の人にとっては塩分摂りすぎになってしまう場合も。また、納豆には血液を固める作用があるビタミンK2も一緒に摂取してしまうため、サプリを活用してナットウキナーゼだけを摂取できるのがベストと言えます。

 

サプリであれば、納豆独特の臭いやネバネバを気にすることもなく、効果的に必要な栄養素を摂取できるので、続けやすく効果も期待できるのでオススメです。

 

 

驚きの効果!ナットウキナーゼの特徴とは?

サプリで動脈硬化の改善

健康に気を遣っている人であれば、TVやインターネットで、「ナットウキナーゼ」という言葉を1度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

その名の通り、ナットウキナーゼは納豆を食べることで摂取できるもので、大豆ではなく、納豆特有のあのネバネバに含まれています。ここでは、ナットウキナーゼの特徴を詳しくご紹介します!

 

 

ナットウキナーゼは何に効くの?

DHA・EPA配合サプリが動脈硬化を改善する

そもそもナットウキナーゼとは一体なんなのでしょうか。ナットウキナーゼとは、納豆のねばねばしている部分に含まれている酵素です。血液をサラサラにするという、とってもありがたい効果をもたらしてくれるものです。

 

具体的に説明すると、血液の流れを悪くするものの一つに血栓が挙げられます。血栓は、傷ができたときに血を止めるのに必要な働きをするもの。しかし、タンパク質から構成されたフィブリンという成分が、血液をゲル状に固めていくために、血管の内膜にたまり始めると血栓ができてしまうのです。そして、これにより血液がドロドロになっていき、動脈硬化などを引き起こす原因になる場合も。

 

ナットウキナーゼはこの血栓に作用し、溶かす効果があるのです。また、血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす効果もあり、糖尿病など生活習慣病の予防・改善効果が期待できるメリットもあります。

 

さらに、抗菌と整腸作用もあります。腸内には善玉菌と悪玉菌がおり、悪玉菌が多くなってしまうと腸内の働きが悪くなり体調不良へとつながる場合も。ナットウキナーゼには整腸作用があるほか、カルシウムの吸収をよくしたり、抗菌や抗酸化を促進する働きもあります。また、発がん性物質のもととなる細菌が増えるのを抑制する効果も期待されている成分でもあります。

 

 

1日にどのくらい摂取するのがいいの?

DHA・EPAが動脈硬化を改善する

血栓を作る働きを抑えてしまうということは、血が止まらなくなるような不安を抱く人もいるようですが、一般的な体質であれば、過剰に摂取をしない限り問題ありません

 

納豆を毎日1〜2パック食べ続けても血が止まらなくなるようなことはありませんし、サプリなども1日量を守っていれば心配はいりません。しかし、血液を凝固させるような効果のある薬を処方されている人は、ナットウキナーゼはオススメできません。もしもサプリなどの摂取を考えている場合には、事前に相談することをお忘れなく!

 

 

ナットウキナーゼの効果を最大限に発揮するには?

動脈硬化の予防改善にはサプリ摂取

実は、脳梗塞などが起こりやすいのは、寝ている時間帯だということをご存知でしょうか。寝ているときは、体の働きが低下して血流が悪くなり、血液の粘度が高いと血栓が作られやすくなっていきます。また、水分も失われやすいので血液がドロドロになりやすいのです。

 

これらを防止するために、ナットウキナーゼは夕食時や就寝前の摂取がオススメ。また、作用持続は12時間ほどと言われているので、サプリなどを飲む場合は、1日量を分けて飲んでも効果的です。

 

いかがでしたでしょうか。古くから日本で食べられてきた納豆は驚くべきパワーを秘めているのです!血液サラサラを目指して、納豆を積極的に食事にとりいれてみてくださいね。

 

 

動脈硬化の予防・改善に!【おすすめサプリメント】に戻る↑↑

 

 

動脈硬化予防・改善のためのサプリの特徴

動脈硬化と診断を受けたらサプリ!

動脈硬化を予防するサプリの特徴は、血液中のコレステロール値や中性脂肪値を低下させて血液をサラサラにする働きがあることです。これは動脈硬化の原因が血管への負担が大きくなってしまったことで血管の壁が厚くなり弾力性を失ってしまったことにあるからです。

 

血圧が高くなる原因には塩分の過剰摂取による血液量の増大で血管に負担がかかってしまう、というものもありこれが主な原因だと思っている人も少なくありませんが、実際にはこれだけではなく肥満も血圧を高くしてしまうのです。肥満の人はカロリーを過剰摂取してしまい、その結果余ったカロリーを脂肪として蓄えています。その際に一度摂取したカロリーは中性脂肪やコレステロールとなって血液中を巡って行くのですが、それらが血管の内側に付着してしまいます。

 

血管の内側に付着した中性脂肪やコレステロールは血管を細くしてしまいますので血管内を通る血液量が少なくなり、少なくなった血流をカバーするために心臓に負担がかかり血液を送り出す量を増やすために心拍数を増大させます。また、中性脂肪やコレステロール値の高い血液は泥水のように流れにくくなってしまいますので心拍数を増やす原因となります。そのため血管から出た血液を受け止める動脈に負担がかかってしまい、動脈硬化を引き起こしてしまいます。

 

このように動脈硬化の原因には血液がどろどろになってしまうことで動脈硬化が発生し症状が進行してしまいますので、予防のためにサプリには血液中のコレステロール値や中性脂肪値を低下させ、血液をサラサラにする効果があるものがほとんどを占めているのです。血液がサラサラになれば混じっている泥の少ない水と同様になりますので、血管の中をスムーズに移動することができますので心臓が心拍数を増大させる必要もないので血管への負担も軽減されて行くのです。直接動脈硬化を予防するというわけではなく、動脈硬化を引き起こす原因を取り除くという特徴があります。

 

 

 

動脈硬化の予防薬の種類とその副作用

動脈硬化になる危険性を減らすDHA・EPA配合サプリ

動脈硬化は血管内部にコレステロールなどが余分に溜まることで、血管からしなやかさが失われてまう状態のことです。この状態になると、まず血流が詰まりやすくなります。また血管がしなやかであれば少々の衝撃もやり過ごすことができますが、しなやかさが失われているので少しの衝撃でも血管が破れやすくなってしまうと言うのも動脈硬化の特徴です。

 

脳血管疾患や心臓病のリスクになりうることなので、生活習慣などで予防に努めることが重要です。また動脈硬化の予防に対しては病院で薬が処方されることもあります。その種類と副作用については以下のようなものが挙げられます。

 

まずアスピリンと呼ばれる薬です。これには血液の流れを良くする作用があります。動脈硬化は、血中に含まれるコレステロール値が高くなり、血流が滞りがちになることが原因のこともあります。

 

血流が滞りがちになると血管にダメージが発生しやすくなり、そのダメージを緩和するために血管がコレステロールなどを溜めていくと言う具合です。よってこの薬で血流を良くすることで、動脈硬化の発生を予防することができます。ただし副作用としては、血流が良くなり過ぎることによって歯茎からの出血や鼻血などが出てくることが挙げられます。また女性の場合は月経における出血量の増加も、あらわれやすい副作用です。

 

そして消化器系、特に胃からも出血が発生してしまい、それがもとで潰瘍が発生することもあります。それからもうひとつはワルファリンと呼ばれる薬です。

 

これは血栓の発生を抑制する作用があります。血栓は怪我などをして出血があった場合、その出血を止めるために作られる物質です。ただその物質が多くなり過ぎたり、その作用が大きく出過ぎると、血管内部で血が固まりやすくなり、結果として血流が滞りがちになります。

 

そこでワルファリンを利用すれば、その作用が抑制され、ひいては動脈硬化の予防が期待できると言うことです。ただし副作用としては血栓が抑制されることから、怪我などの際の出血が長引きやすい、その量が多くなりやすくなると言ったことが挙げられます。

 

 

動脈硬化を予防するサプリのおすすめランキングに戻る↑↑

 

 

動脈硬化の予防・改善に効く飲み物とは

動脈硬化を改善しないで放置しないで!サプリで対策を!

動脈硬化はいつの間にか進行しており、突然、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性があります。血液検査にて血液の状態を知ることができるため数値が高い場合は早急に対策を練る必要があります。動脈硬化はコレステロールを多く摂ることにより起こります。コレステロールをうまく体外に排出し、血液をサラサラにする必要があるため、運動の他食事や飲み物に気を配ります。

 

予防になる飲み物には、緑茶、ウーロン茶、ゴーヤ茶、青汁、豆乳などがあります。この他、トマトジュースや野菜ジュース、オニオンスープ、ココア、バナナジュース、オレンジジュースがあります。特にトマトにはリコピンが含まれており、このリコピンの作用で、血液をサラサラにしコレステロールも排出することができます。1日に200ccを目安に飲むと予防になります。

 

野菜ジュースの場合は、赤色の野菜が多く含まれているものを選ぶと良いでしょう。トマトやレッドパプリカなどの赤色の野菜には、血液の流れを良くする成分が豊富に含まれています。市販のものを選ぶ場合は、どういった野菜が含まれているか、赤色の野菜は何種類含まれているかを確認するとさらに良いです。

 

子供にも人気のあるココアは、ポリフェノールが豊富に含まれています。このポリフェノールには、コレステロールの値を抑制する作用があり、体内の脂質を酸化させない作用もあります。便秘解消になるほか、動脈硬化と同時に出やすい高血圧の予防や糖尿病予防、骨粗しょう症予防にもなるので、1日1杯ほど継続して飲みます。なお、ココアの場合は、プリン体も多く含まれているので、痛風と診断されている場合は、飲むのを控えると良いでしょう。

 

気軽に飲むことができる緑茶にもカテキンという物質が脂肪の燃焼を助ける作用があります。動脈硬化を改善するには運動をし脂肪を燃焼させることが必要になりますが、緑茶を飲んだ後にウォーキングなど有酸素運動を30分ほど行うとさらに燃焼させることができ、動脈硬化を予防することもできます。

 

 

動脈硬化の予防・改善に水素水って効果ある?水素水とは?

動脈硬化の改善方法はDHA・EPA配合サプリ

最近よく耳にするようになった水素水ですが、美容効果だけではなく、健康にも効果があることから、注目されています。水素水は、人体に悪影響を与える悪玉活性酸素のみを選んで結合し、水に変換して身体の外に排出するという特徴をもっています。悪玉活性酸素は、多くの病気の原因になりますから、水素水の持つ抗酸化力は、健康には欠かせません。

 

活性酸素は、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけてさまざまな病気や老化などの原因とされています。その活性酸素を排除する抗酸化物質として、水素は効果的です。特に、生活習慣病の代表格である動脈硬化は、血管が詰まることで起こる病気です。この動脈硬化の原因が活性酸素といわれ、動脈硬化が進行してしまうと、心疾患や脳疾患につながるため、予防を行うことが大切です。

 

本来コレステロールは、悪いものではありませえんが、活性酸素と結びつくことで、悪玉コレステロールとなり、血管を詰まらせて、動脈硬化を進行させてしまいます。こうして狭くなった動脈は、徐々にかたくなり、つまったり破裂しやすくなってしまいます。動脈硬化は、発生する部分によって、症状や重度が異なり、脳の血管で発生すれば脳梗塞、心臓で起きれば心筋梗塞、足の動脈で起きれば閉館性動脈硬化となります。

 

どれも命にかかわる重病で、活性酸素によって酸化することが原因ですから、水素を体内にとりいれて予防することが大切です。動脈硬化を防ぐには、悪玉コレステロールが、活性酸素に酸化されて過酸化脂質に変化することを防ぐことが重要です。水素水を飲用することで、体内の悪玉活性酸素を、体外に排出することができますから、酸化を防ぎ、血液をさらさらにし血管のつまりを改善することができます。

 

水素が、ビタミンやポリフェノールのような抗酸化物質と大きく違う点は、善玉活性酸素には反応せずに、悪玉活性酸素のみに反応して、無害な水に変わるという点です。また、水素は、小さい原子のため、脳の中にまで入ることができます。

 

動脈硬化改善のためのサプリメントの選び方、成分、価格、その他

動脈硬化の予防に青魚を食べて、サプリも飲もう

動脈硬化とは、血管内に血栓ができたり脂肪や悪玉コレステロールが血管壁にこびりついて血管が狭くなったりしなやかさを失って硬くなったりして血液の流れが悪くなってしまうという疾患です。

 

生活習慣病の代表格であり、発症のリスクは加齢に伴いどんどん高くなっていきます。動脈硬化の症状が進行すれば、脳出血や脳梗塞などの脳卒中や心筋梗塞や狭心症などの心臓病を発症させる原因にもなります。これらは手足の麻痺や言語障害や意識障害などの後遺症が残ってしまったり突然死を招く危険もある重大な病気です。

 

動脈硬化が引き起こされる原因として高脂血症や高血圧があります。ですので、悪玉コレステロールや中性脂肪の数値や血圧が高いという人は今すぐに対策を講じて改善や予防に努める必要があります。そこで役立つのがサプリメントです。動脈硬化改善のためのサプリメントの選び方としては、配合されている成分、成分の含有量、容量、1日の摂取量、価格、形状などについてきちんと比較するということが大切です。

 

ランキングサイトやポータルサイトや口コミサイトなどを参考にして選ぶのも良いでしょう。動脈硬化改善に効果的な成分として最もポピュラーなのが青魚に含まれる多価不飽和脂肪酸の一種であるDHAやEPAです。DHAやEPAには悪玉コレステロールや中性脂肪を減らしたり血圧を下げたりする働きがあるので、積極的に摂取することで健やかでしなやかな血管に導くことができ、動脈硬化の改善や予防に役立てることができます。

 

ドリンクタイプやカプセルタイプやタブレットタイプなど形状も様々なものがありますので取り入れやすいものを選んで摂取しましょう。DHAやEPAの吸収がアップするような工夫が施されているサプリメントもたくさんあります。サプリメントの摂取にプラスして栄養バランスのとれた食事を意識したり塩分や脂肪分を控えたりこまめに水を飲んだり適度な運動を習慣づけたりすることも大切です。サプリメントの摂取と生活習慣の改善で動脈硬化の改善や予防をしていきましょう。

 

 

 

動脈硬化を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

動脈硬化の予防・改善にDHAとEPAのそれぞれの効果、どちらが効果ある?

血管内を健康な状態にする青魚のパワーをサプリで手軽に!

血管内に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)や中性脂肪(トリグリセライド)が沈着すると、次第に血管が硬くなります。これが動脈硬化です。血管にこびりついたプラークの70%は悪玉コレステロールに由来するということが判っています。

 

動脈硬化を予防するには、この悪玉コレステローや中性脂肪を摂り過ぎないことや、沈着させないことが大切です。それには、魚の油に多く含まれるDHAやEPAを摂ることが大切だと言われています。

 

EPAは医薬品にもなっていて、エパデール、ソルミランなどの名前で処方されています。血液中の悪玉コレステロールが高い時よりも、中性脂肪の値が高い時に処方されます。

 

EPAはエイコサペンタエン酸またはイコサペンタエン酸が正式名です。血液をサラサラにして動脈硬化を予防するだけではなく、アトピー性皮膚炎や花粉症の改善などにも効果があるという検鏡報告が多数あります。また、炎症を引き起こすプロスタグランジンと言う物質の産生を抑える働きなどもあると言われています。

DHA・EPAは青魚に多く含まれる

DHAは、ドコサヘキサエン酸が正式名です。こちらも魚油の多く含まれる必須脂肪酸で、今話題のオメガ3脂肪酸の1つです。悪玉コレステロールを減らす作用、アトピー性皮膚炎、アレルギーを抑制する作用、うつ病や認知症の改善など現代人が気になる症状に効果があるという研究報告が次々と発表されています。

 

サプリメントで摂取する場合、米国食品医薬品局(FDA)の健康表示規格では、EPAとDHAを合わせて1日2g未満(2000mg未満)となっています。1日100gの魚を食べると必要なDHAは摂れることが判っていますが、若い人の中には1週間で1度も魚を食べていない、と言う人も少なくないようです。

 

DHAとEPAはどちらが効果がありますか?という答えは、もうお分かりですね。働きが少し違うので、どちらとも言えない、というのが答えです。中性脂肪を下げたいのならEPAがベターですが、LDLコレステロールならDHAというように、上手に使い分けましょう。

 

 

 

動脈硬化の予防・改善に良い運動とは?方法、目安時間・期間、得られる効果、運動してはいけない状態について

サプリ摂取とウォーキングが動脈硬化予防に効果的

動脈硬化の予防や改善には、食事制限だけではなく運動も取りいれると効果的だと言われています。しかしどんな運動でもやっていればいいのかといえばそうではなく、積極的に行いたいものと行ってはいけないものがあります。それらをきちんと理解しておくようにしましょう。

 

日本動脈硬化学会が推奨するのは有酸素運動の中でも1日1万歩、30分のウォーキングです。有酸素運動は酸素を大きく吸い込みながら行う運動のことで、ウォーキングは幾つかある有酸素運動の中でも身体への負担も軽いものですし、景色を見ながら歩くことは気分転換にも繋がります。

 

目標としては1日1万歩、30分のウォーキングを毎日継続させることですが、仕事や天候によって毎日歩くことができないとしても、週に3〜4回歩くようにしましょう。

 

また30分の継続した時間が取れないという場合には、1日10分を何回か行うことでもきちんと効果は出ると言われています。太ももの大きな筋肉である大腿筋を酸素をしっかり取り込みながら活発に動かすと、脂肪を分解する酵素が働き始め、善玉コレステロールが増えて悪玉コレステロールが低下すると言われており、動脈硬化の予防や改善に高い効果が期待できるのです。2〜3週間ほどの期間でも効果は実感できると言われています。内臓脂肪の減少を行いたいという場合には、60分ほどのウォーキングを行うと効果的だと言われています。

強度が強い運動は避け、DHA・EPA配合サプリを飲む

逆に行わな方が良いものは、筋トレや100m走、などの無酸素運動です。息を止めて行われるため、逆に動脈硬化を悪化させてしまう可能性があると言われています。またウォーキングや軽いジョギングというのは効果的なのですが、強度が強すぎて心拍数が上昇しすぎてしまう場合もまた、動脈硬化の悪化につながると言われています。

 

有酸素運動に最適な心拍数は、220から年齢を引いた数の6〜7割といわれていて、50歳ならば102〜119になります。この計算を目安にしながら行っていくようにしましょう。

 

 

動脈硬化を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

動脈硬化の予防・改善に運動が良い理由、運動不足だとダメな理由

ナットウキナーゼ配合のサプリ摂取と有酸素運動で血液の流れが良くなる

有酸素運動は、動脈硬化の予防・改善に効果的であると頻繁に言われています。そのため、健康診断でコレステロール値が高いと言われたら、まずは有酸素運動から始める人もいるでしょう。しかし、一般的に動脈硬化の予防・改善に有酸素運動が効果的と言われていても、なぜ良いのかまでは詳しく解説されることはありません。

 

有酸素運動が動脈硬化の予防・改善に効果的な理由は、ブラジキニンの分泌と関係あります。有酸素運動をすると、血液中にブラジキニンが分泌され、それと同時に一酸化窒素も増えます。その結果、血管が拡張されることになって、血液の流れが良くなるのです。

 

血液の流れが良くなれば詰まることもなくなりますから、動脈硬化の予防・改善に効果的とされています。反対に運動不足が動脈硬化の予防・改善に悪い理由は、体を動かさないと血液中の悪玉コレステロールが、血管内にこびり付いてしまうからです。

 

血管内に悪玉コレステロールがこびり付くと、血液の流れが悪くなります。血栓ができて血管が詰まることに繋がりますから、動脈硬化の予防にはならず、改善させなければさらに悪化します。運動不足は、内臓を弱らせその他の生活習慣病の原因にもなりますから、適度に体を動かし運動不足は解消しなければいけません。

 

動脈硬化の予防・改善に効果的な有酸素運動は、ウォーキングです。

 

毎日30分ほど歩くだけで、動脈硬化の予防・改善に繋がるとされています。現代人は車や電車での移動が多くなり、知らず知らずのうちに運動不足に陥りがちです。しかし、運動不足は放置しておくと生活習慣病の原因になるので、適度な有酸素運動をして体を動かすようにしておくと、健康的な生活をすることができます。

 

 

動脈硬化とは?そのリスク、症状、原因、合併症について

動脈硬化の改善には塩分の多い食事を避けて、魚油サプリを!

動脈硬化は生活習慣病の一つで、症状が悪化してしまうと命に係わる病気をひきおこしてしまう可能性もある怖いものです。動脈硬化はその字の通り動脈が固くなってしまうものですが、その原因の多くは高血圧だと言われています。

 

人間の心臓は身体中の細胞に血液を送り届けることを仕事としていますが、老化や脂肪分が多い食べ物や味の濃い、塩分の多い食べ物を好んで食べたり、運動不足が原因となって血液中のコレステロールや中性脂肪値が上昇してしまうと、血液自体がドロドロになってしまいます。ホースの中に泥水と真水を流そうと思った場合、泥水の方が余分なものがある分、ホースの中を流れにくくなるのですが、それと同様にドロドロの血液は血管の中での流れが悪くなってしまいます。

 

心臓はきちんと身体中に血液を届けるために、血液の流れが悪くなると強い力で血液を押し出すようになりますが、強い力で押し出された血液は血管に高い圧力を与えてしまい、そのせいで血管が柔軟性を失くし、もろくなってしまいます。柔軟性を失くしてしまった血管は、コレステロールや中性脂肪が血管壁にくっついても取り除くことができなくなってしまうため、そこにコレステロールの塊が出来てしまいます。これが血栓と呼ばれているものです。

 

脂質の多い食事を減らして動脈硬化を予防

この血栓が大きくなっていくとその先に行く血液の流れを止めてしまいます。血栓ができた場所が心臓や脳、肺などの場合には、命に危険が及ぶリスクが高くなってしまうのです。

 

動脈硬化は海外ではサイレントキラーとも呼ばれており、静かに症状が進行し、さまざまな合併症を引き起こしてしまうことが知られています。心不全や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、肺血栓、歩行への障害などが主なものとなります。他にも糖尿病の患者の人がその合併症の一つとして動脈硬化を引き起こしてしまうこともあります。予防や改善のためには、血液をサラサラにして、血管に対する負担を軽減することが大切になってきます。

 

動脈硬化を予防・改善する食事方法、心掛け、摂るべき栄養素について

食事内容を見直して健康的に動脈硬化を予防

動脈硬化は本来しなやかで弾力のある血管が、厚くなったり固くなったりしてしなやかさがなくなったことを指します。血管の内側の壁にコレステロールが蓄積された状態で、この状態が悪化すると心筋梗塞などの心疾患や脳梗塞などの脳疾患、足といった部分に影響が出てきます。

 

動脈硬化は自覚症状がなく、気が付くときは何らかの病気が起こった時です。突然死の原因ともなっており、日ごろから意識して生活する必要がある状態です。

原因としては高血圧、肥満、脂質異常症、糖尿病、喫煙など


があげられます。血圧はストレスによってもあがるので、ストレスを感じやすい人も動脈硬化を引き起こしやすくなっています。

 

動脈硬化を予防したり改善したりするには、運動や食事に気を配ります。運動においてはウォーキングやジョギング、水中ウォークなど有酸素運動が良く、1日に30分ほどを目安に行うと少しずつ改善していきます。

 

食事においては腹八分目に抑える、水分を多めにとる、早食いをしないということが大切になります。その上で、栄養素においては食物繊維やビタミンE、βカロテンが大切で、食物繊維は体の中の余分なコレステロールを排出する働きがあります。ペクチンやこんにゃくに含まれるマンナンを中心にとるようにココ掛けしましょう。

動脈硬化予防に果物を食べ、サプリを摂取しよう

なお、果物類にも食物繊維が豊富でペクチンが含まれているものがありますが、果物には果糖があり多くとりすぎてしまうと糖分の取りすぎとなり砂糖をとっているのと同じになってしまいます。1日の中で控えめ程度に食べる様に心がけましょう。

 

摂ると良い食品に豆類があります。豆類は食物繊維が豊富な他、血清コレステロールを下げる働きがあります。豆類に含まれているイソフラボンは1日の上限量が決められているので摂りすぎないように注意しながら継続して食べると良いでしょう。お豆腐でおおよそ200g程度が1日の量となっています。

 

動脈硬化を予防するには、脂質に気を付け、様々な食材をまんべんなく食べることが大切になります。食事を抜くことなくバランスよく食べる様にします。

 

 

動脈硬化を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

動脈硬化の予防・改善に良い食品とその理由、それぞれに含まれる栄養素と良い食べ合わせ、注意点について

動脈硬化予防にはタバコなどの嗜好品を止め、ナットウキナーゼ配合サプリを飲もう

動脈は体中に酸素や栄養素を運ぶ大切な役割を果たしているものです。その動脈が様々な要因から硬くなり、それによってうまく血液が流れなくなっている状態を動脈硬化と言います。一般的には年齢と共に血管が老化することが原因とされていましたが、今日では食の偏りなども原因となるため生活習慣病の1つともなっています。

 

動脈硬化によって血液の流れが悪くなるため、それに付随して様々な合併症を引き起こす可能性が高くなります。その中には心筋梗塞や脳梗塞などもあげられます。未然に防ぐためには、第一に動脈硬化を改善・予防することが大切になってくるのです。

 

なぜ血管が硬くなってしまうのか、その理由は人それぞれですが、要因としてあげられるのは中性脂肪やコレステロールです。食事以外であげるとすれば運動不足やタバコなどもあげられます。原因となるものは私たちの身近なものばかりであり、その分改善するのも身近なことで可能なのです。

 

私たちの体をつくっているのは食べ物です。まずは普段私たちが摂取している食品から見直していきましょう。

 

青魚

青魚のDHAとEPAをサプリで摂取しよう

サバなどの青魚に含まれるDHAやEPAは血管を柔らかくする効果があります。その効果は医療の現場にも利用されており、このDHAやEPAは積極的に摂取できるようサプリメントなどにもなっています。

 

チョコレート

チョコレートのカカオが動脈硬化予防に効く

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールによって血管が広くなり、血圧が下がると言われています。また善玉コレステロールを増やしてくれるというメリットもあります。しかしチョコレートには砂糖もたっぷり含まれているため、食べ過ぎには注意が必要です。

 

牡蠣

牡蠣の亜鉛が動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病に効く

肝臓に脂肪がたまる脂肪肝は、動脈硬化をはじめとした様々な生活習慣病を引き起こすとされています。牡蠣に含まれているタウリンは、肝臓にたまった中性脂肪を肝臓の外に出してくれる働きがあります。そのため脂肪肝を改善させてくれる効果が期待できるため同時に動脈硬化の改善にも期待されています。

 

酢には血圧を下げる効果があるため動脈硬化予防になる

血圧を下げたり、中性脂肪・内臓脂肪を減らす効果があると言われています。

 

このように改善が期待できる食品は私たちの身近にあるものばかりです。しかし今日では食の欧米化が進んでおり、味が濃いものや脂っこいものを好む人も多くなりました。その結果本来日本人の体に合った食事というものを意識する人が少なくなり、和食離れや魚離れが深刻化しています。まずは自分の食生活を見直してみるところから始めましょう。

 

 

動脈硬化の予防・改善のために避けるべき食品とその理由について

ベーコンやハムは動脈硬化を進行させる

動脈硬化で困っている人がこれ以上の悪化を防ぎ、改善をしていくため、またこれから動脈硬化にならないよう予防のため、それぞれの理由から避けなければならない食品というものが存在します。

 

そもそも動脈硬化は塩分の取りすぎなどで起こるものであり、塩分濃度の高い食品は基本的には避けなければなりません。例えば、ベーコンやハムには多くの塩分が含まれているため、動脈硬化のことを考えるならばできるだけ食べないようにすることが求められます。特にベーコンやハムは朝食や昼食、夕食などでも出てくる可能性が比較的高いものであるため、意識をして避けることも必要となります。

 

塩分が高いということでは梅干しなども該当します。もちろん適量であれば何の影響もありませんが、量をとりすぎると影響が出てしまうため注意が必要です。

動脈硬化の予防改善にはDHA・EPA配合サプリと生野菜サラダをしっかり食べる

脂質の取りすぎにも要注意です。脂肪分が多いとコレステロールの上昇につながり、動脈硬化の改善を図る際にはなにかと邪魔になります。また、塩分濃度の高いものには脂質が多く含まれている場合もあり、肉の脂やバターの脂などには細心の注意を払っておくことが大切です。

 

一方、動脈硬化の改善や予防に対して、サラダなどを食べることで食事療法を進めていくというやり方が有効とされています。この場合、サラダとして生野菜をそのまま食べるというのが一番いいのですが、生野菜だけを食べ続けるのは意外と大変なため、ドレッシングをかけようとする人がいます。

 

ノンオイルや塩分控えめのものをかけることで、ドレッシングを使用したとしても動脈硬化の予防改善に影響を与えないようにすることができます。ただ、ドレッシングの多くはオイルが入っていて塩分もそこそこ入っているため、気をつけることが求められます。

 

あまり噛まなくて済むようなものも動脈硬化につながると言われています。時間をかけなくて済むようなもの、脂質や塩分の多いもの、特に麺類は意識して避けることが無難と言えます。

 

 

動脈硬化の予防・改善のために避けるべき食品とは?

血管内を健康にするサプリ

動脈硬化を防ぐためには生活習慣を見直す必要があります。特に食生活はとても重要で、動脈硬化を予防するために効果を発揮する食品を摂取することはとても有効的です。しかし、反対に動脈硬化を招いてしまう危険性の高い食品も多く存在します。知らず知らずのうちに自らリスクを高めてしまわぬように、避けるべき食品を知っておきましょう!

 

 

便利な食べ物に潜む「トランス脂肪酸」にご注意!

血流を改善するサプリメントを飲む

ファストフードもそうですが、最近ではコンビニ弁当やスーパーの惣菜などをメインの食事としている人も多いはずです。パッと見だと、お弁当の中には野菜が入っていたり、惣菜コーナーには根菜を使った煮物や、ヘルシーそうに見えるサンドイッチなどが並んでおり、体に良さそうと思われがちですが、実はこれらの食品に大きな落とし穴があるのです。

 

コンビニ弁当をはじめ、ファストフード、レトルト食品、菓子パンなどには「植物油」が使われています。そう聞くとそんなに恐ろしいものではないような気がしますが、これらの加工品に使われる植物油には、トランス脂肪酸がたっぷり含まれていると考えられるのです。トランス脂肪酸は、人工油です。この人口油をたくさん摂取してしまうと正常な代謝ができなくなり、血管を老化させて動脈硬化を急速に進行させることになるのです。

 

なるべくコンビニ弁当などは買わずに、家で料理できる環境へとシフトしていくことが、動脈硬化予防につながっていくのです。また、トランス脂肪酸は、マーガリン、バター、ピーナッツバター、ラードなどにも含まれていますので、値段は上がってしまいますがマーガリンを使う場面ではバターを使ったほうが安全です。

 

 

動脈硬化を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

 

 

動脈硬化の薬ワルファリン、アスピリンの注意点と副作用、仕組みについて

動脈硬化の薬をサプリと併用して飲む

動脈硬化とは、動脈に中性脂肪などがこびり付いて詰まりを起こし、弾力性や柔軟性を失ってしまった状態を指します。動脈硬化になることで血流は妨げられ、スムーズに流れなくなってしまいます。また高血圧となり血管に強い負担がかかって脆くなってしまいます。

 

はっきりと感じる自覚症状が無いために症状による早期発見難しいことから、動脈硬化が進行してしまい、心筋梗塞などの心疾患や、脳梗塞や脳卒中などの脳血管疾患といった死亡率の高い危険な病気を引き起こす恐れがあります。動脈硬化の原因としては偏った栄養バランスの食事や、運動不足、喫煙飲酒などがあげられます。また加齢とともに進行する老化現象でもあります。

 

急激に症状が進行するわけではなく、若いころから徐々に始まり、40代から50代に症状が現れ始める例が多く見られることから、生活習慣の改善による予防は若いうちから行うことが効果的です。

 

動脈硬化の薬には大きく分けて2種類があります。1つ目は抗凝固薬のワルファリンです。血液の流れが悪くなり、滞った血が固まることで赤血球や血液凝固因子を主体とした大きな赤色血栓ができ、これが血液に乗って心臓や脳の血管を突然詰まらせます。そのため血液がすぐに固まらないようサラサラに保つために使用されます。

 

2つ目は抗血小板薬のアスピリンです。糖尿病や高脂血症などの状態が続くと血管内側にプラークと呼ばれる塊が張り付き、これが?がれると血小板がそこに集まって白色の血栓を作り出し、脳の毛細血管を詰まらせます。抗血小板薬は、白色血栓が作り出されるのを防ぐ効果があります。2種類の薬に共通するのは血液をサラサラにすることです。

 

そのため副作用としては効果が強く出ることにより月経過多や皮膚の内出血、鼻や歯茎、傷口からの出血などが考えられます。強い症状が出た場合には医師への連絡が必要です。またワルファリンの場合、ビタミンKを多く含む薬や食材が薬の効果を弱めるので注意が必要です。

 

 

動脈硬化の予防・改善のためのOTC薬の種類と副作用、価格帯などについて

動脈硬化はそのまま放置すると心筋梗塞や脳梗塞などの病気に発展する可能性があるためできることなら予防していくのが良いとされています。

 

最近では、その動脈硬化の予防や改善のためのOTC薬が販売されるようになりましたが、実際にどんなものなのか気になるところと言えます。

 

そこで、動脈硬化を予防するOTC薬の種類や、服用することでの副作用、価格帯などについて考えてみましょう。

病院で動脈硬化を治療する

まず、種類としてはアスピリンは血液の流れをスムーズにする作用があるとされています。

 

動脈硬化というのは、血管内にコレステロールが付着してそれが血液の通り道を狭くしてしまうことで血栓などができた場合に詰まってしまい脳梗塞や心筋梗塞などの病気へと発展することが考えられますが、アスピリンによって血液の流れを良くすることで血管内が詰まりにくくする作用があるとされています。

 

そして、もう一種類の薬としてはワーファリンです。

 

ワーファリンは血液の流れを良くする作用はありませんが、血液が固まりにくくすることで動脈硬化を予防するとされています。

 

決戦は怪我をした際に止血のために体が作り出している物質ですが、その物質が多く発生してしまうことで血管内が詰まってしまい体調を崩す恐れがありますので、血液を固まりにくくすることで予防することが可能です。

 

では、副作用としてはどんなことが考えられるでしょうか。

 

アスピリンの副作用としては、血液の流れが良くなりすぎることで歯茎や鼻血が出やすくなったり女性の場合生理の経血の量が増える、胃からも出血が発生してしまう場合は潰瘍になることもあるとされています。

コレステロール値を下げるのにDHA・EPA配合サプリが効果的

ワーファリンの副作用については、血液が固まりにくくなることから怪我をした際に出血が長引くことがあるとされています。

 

価格帯については、医療機関で処方される場合はその医療機関の料金設定などによっても異なるとされていますが、最近ピップから販売されたヘルスオイルは、税込み価格で4900円前後とされています。

 

OTC薬と言っても、あくまで全身に作用しますので基本的には薬剤師や医師の指示に従って服用するのが望ましいと言えます。自己判断で服用すると思わぬ健康被害を起こす可能性もありますので、必ず用法・用量を守って正しく服用するのように心がけましょう。

 

コレステロール値が気になる人や生活習慣病が心配な人は毎日の生活に中に取り入れて健康的な生活をするのに役立て視てはいかがでしょうか。

 

 

 

動脈硬化を予防・改善するサプリ【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

DHCやファンケルなどの大手メーカーのサプリはどうなの??

動脈硬化を防ぐサプリメントは色々とありますが、DHCやファンケルといったサプリメントメーカーが有名です。

 

DHCやファンケルには、動脈硬化を防ぐサプリがどれだけあるのでしょうか。
DHCにはDHC30日分といった商品が人気です。文字通り、1袋で30日。約1か月分が入っていますのでとても解りやすいです。

 

価格帯としては1000円代〜といった感じで幅広いのですが、比較的リーズナブルな価格で動脈硬化を予防できるDHA・EPA、ナットウキナーゼといったサプリメントを購入できます。

 

お近くのスーパーやドラッグストアで簡単に購入できます。

 

一方のファンケルにも解りやすい30日分スタイルのサプリメントが豊富に用意されています。
こちらもスーパーやコンビニで手軽に購入できますし、価格帯も非常にリーズナブルです。

 

しかし、同じ量に対しての成分の含有量がDHCにくらべ少し少なめであるという報告もあります。

 

これに関して、DHCはあまり店舗をもたず、中間マージンがかかっていないから。という理由もあるようです。ファンケルがDHCに劣っているということではありませんが、コストパフォーマンスを重視するならDHCのほうが若干安くなります。

 

ただ、DHCもファンケルもマグネシウムやCOQ10、カルシウムなど他にも多くのサプリメントを販売しており、そのそれぞれが単一の栄養素で、その栄養素の酸化などへの対策がなされていません。
そこで、他のメーカーの出しているDHA・EPA配合に特化したサプリが、動脈硬化の改善にはおすすめです。

 

 

動脈硬化の原因と効果的な漢方薬について

深刻な病気は色々ありますが、その1つとして、動脈硬化が挙げられます。動脈硬化を放っておくと、命にかかわる事態になってしまう可能性すらあるのです。

 

そのため、動脈硬化に近い症状になっている人は、動脈硬化を防ぐために手を打たなければなりません。今回は、この病気になる原因と、予防に効果的とされる漢方薬について説明します。

 

動脈硬化って何?

DHA・EPAサプリで血行促進して動脈硬化を予防・改善

動脈硬化については、認知度が高い病気の一つです。しかし、実際にどんな病気かと問われると、意外に答えられない人も多いです。

 

そもそも、動脈硬化とは、動脈に異常が生じた状態のことを意味します。若い人々の場合、血管は正常な場合が多いです。しかし、年齢を重ね、高齢になっていくと、次第に血管が脆くなっていくのです。つまり、高齢者になればなるほど、動脈硬化のリスクは高まると見ていいでしょう。

 

動脈硬化の状態を放っておくと、脳梗塞などの深刻な病気につながってしまう可能性も考えられます。そのため、動脈硬化が進行しているのにもかかわらず、それを放っておくのはあまりに危険なことなのです。また、高齢者に限らず、動脈硬化の症状が見られる人は多くいます。そのため、若いからと言って何の心配もしなくていいという考え方は誤りです。

動脈硬化になる原因について

先ほど、加齢が動脈硬化との関係について説明しました。しかし、高齢になることだけが、動脈硬化の原因というわけではありません。他にも、原因はあるのです。そこで、いくつか取り上げてご説明しましょう。

 

高血圧が原因になる?

動脈硬化を予防・改善するDHA・EPAサプリメント

高血圧になっているのにもかかわらず、その状態を放置している人は多いです。しかし、その高血圧が、動脈硬化の原因となるのです。なぜなら、高血圧になると、血管が脆くなることにつながってしまうからです。そのため、高血圧な場合は、症状の改善に努める必要がありますね。

 

善玉コレステロールが減ることは問題?

サプリで動脈硬化を改善する

悪玉コレステロールが増えていくと、動脈硬化のリスクも高くなっていきます。そのため、善玉コレステロールが減ることは問題です。なぜなら、善玉コレステロールが減ると、悪玉コレステロールがより強く作用するようになるからです。

 

肥満も原因の一つ

ナットウキナーゼのサプリを飲んで血圧を下げる

肥満型の場合、内臓脂肪が多くついている状態にあります。内臓脂肪が増加すると、血液に含まれる悪玉コレステロールも増加してしまうのです。そのため、肥満型の人は、動脈硬化のリスクをしっかりと把握しておかなければなりません。

 

喫煙がリスクを高める

動脈硬化の予防・改善にはナットウキナーゼ配合サプリがおすすめ

喫煙は、動脈硬化のリスクを増大させると言われています。タバコには有害物質が含まれているため、健康に良いものでは決してないのです。また、タバコを吸うと、周囲の人が受動喫煙をするきっかけにもなってしまいます。そのため、健康のためにも、タバコを吸うことは控えた方が良いでしょう。

 

漢方薬によって動脈硬化を防ごう!

動脈硬化が進行することは、非常に危険です。そのため、動脈硬化を未然に防げるように努力しなくてはなりません。その手段はいくつかありますが、その1つが漢方薬の服用です。この章では、漢方薬のメリットや、動脈硬化を防ぐのに役立つ漢方薬について具体的に説明します。

 

漢方薬のメリットとは?

動脈硬化症におすすめのサプリメント

漢方薬には基本的に、体質改善の効果があります。そのため、継続して服用することによって、健康に向かっていく可能性があります。もちろん、どの漢方薬を服用するかという点は考慮しなければなりませんが、多くの人々の健康に役立っていることは確かです。

 

また、漢方薬の場合、大きな副作用が出ないケースも多いため、その点では安全性が高いと言えます。

 

動脈硬化を防ぐのに役立つ漢方薬とは?

ナットウキナーゼ配合のサプリを摂取して動脈硬化を予防・改善

ここでご紹介する漢方薬は、「釣藤散」です。この漢方薬は、半夏や甘草など、様々な薬草がミックスされたものです。この釣藤散には、善玉コレステロールを増やす効果や、中性脂肪を減らす効果があります。従って、動脈硬化を防ぐという点で非常に役立つ漢方薬というわけです。

 

また、高血圧を改善させる効果なども期待できるため、動脈硬化だけでなく、心筋梗塞などのリスクも軽減させると言われています。ただし、即効性については期待しない方が良いでしょう。あくまでも、徐々に体質改善を図るための手段ということになります。

 

今回は、動脈硬化という病気の原因や、効果的な漢方薬について具体的に説明してきました。動脈硬化が進行することは大変危険ですが、この病気を防ぐ方法は色々とあります。漢方薬の服用は、その方法の1つです。そのため、これまで漢方薬についてあまり知らなかったという人は、これを機に是非興味を持ってみると良いでしょう。

 

ただし、漢方薬の種類は膨大にあるため、どれがどのような効果を発揮するかという点については、前もって知る必要があるでしょう。

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

 
 

動脈硬化の予防にはお茶が効果的?改善に繋がる飲み方とは?

血管が固くなることによって、心臓に負担がかかったり血栓が詰まったりする危険がある動脈硬化を、予防したい人は多いでしょう。動脈硬化にはお茶が効果的です。

 

 

動脈硬化予防に効果があるお茶の成分

DHA・EPAサプリで血液サラサラにして動脈硬化を予防

お茶の渋味の元となっている「カテキン」は動脈硬化予防に効果がああります。

 

動脈硬化を引き起こす原因の一つは、高脂血症というコレステロールなどの血中脂質が増加しすぎる状態にあります。血栓が生じたり、血管の内側にコレステロールが溜まってしまって、血管がもろくなってしまうのです。

 

カテキンには、血中脂質を正常に調整する働きがあり、血管を健やかで丈夫な状態に保つ効果があることから、動脈硬化の予防や改善に有効とされています。また、カテキンには殺菌作用や生活習慣病である高血圧などを防ぐ効果があることも証明されており、体にとって嬉しい効果が多い成分です。

 

リラックス効果のある「テアニン」も動脈硬化予防に効果を発揮します。テアニンを飲むと脳内の神経情報伝達物質量が変わり血圧低下作用がもたらされます。ストレス解消に効果が期待できるので、高血圧などの体の不調を緩和させる働きも期待できます。

 

 

動脈硬化を予防したいなら緑茶がおすすめ

DHA・EPAサプリが動脈硬化を予防する

カテキンの含有量がダントツで多いのが緑茶です。もちろんテアニンも豊富に含まれています。動脈硬化の予防したいなら、緑茶を飲む習慣を取り入れると良いでしょう。一番おすすめできるのは、煎茶と言えます。煎じて飲むことで茶葉の有効成分をしっかり摂取することが可能です。

 

カテキンは日光の当たる部分で作られます。なぜならカテキンとは、テアニンが光合成によって変化したことで生成される成分だからです。その為、もっとも理想的なのは茶葉をそのまま摂取する方法でしょう。1〜2ミリに砕き粗挽きすると食べやすくなります。その際は有機栽培のものを選んで食べると良いでしょう。

 

 

動脈硬化の予防・改善に繋がる飲み方とは?

動脈硬化を予防するDHA・EPAサプリ

茶葉を食べようと思っても、食感などの関係で慣れていないと食べづらいです。実施しやすいのは、お茶を入れて飲む方法です。飲み方を工夫すると、動脈硬化の予防や改善により効果的にと言えます。

 

まずお茶は冷たいものより温かい緑茶を飲むことを推奨します。温かいお茶にはリラックス作用があり、血管も拡張出来る上に体を温めてくれるので、血液の循環が良くなります

 

淹れ方のポイントは、カテキンやテアニンをよく溶け出させることです。テアニンは低温でも溶け出しますが、カテキンは熱めのお湯の方がよく抽出できます。目安は80℃くらいと考えておくと良いでしょう。十分に成分を摂取することが可能です。また、一般的には遅摘みの二番茶や三番茶の方がカテキンが多く含まれていると言われています。

 

 

緑茶以外で動脈硬化に効くお茶

緑茶以外のお茶にも、動脈硬化の予防や改善に効果を期待できるものがあります。代表的なのは以下の4つです。

 

@烏龍茶…動脈硬化の原因となる血中脂質を排出する効果に優れている
Aプーアール茶…中国茶の代表格。脂肪を分解する効果があり脂肪の吸収を抑制する
B杜仲茶…血中脂質を下げる。内臓脂肪が溜まってしまうのを防ぐ
Cルイボスティー…老廃物の排出効果に優れ血液サラサラにしてくれる

 

嗜好や状況に合わせて、自分に合ったお茶から導入することで、無理なくお茶を飲む習慣を取り入れることができるでしょう。効果を意識しながら飲むことも、プライミング効果として有効です。

 

まとめとして、、、
動脈硬化予防を身近な習慣から取り入れたいなら、緑茶を飲むことをおすすめします。ポイントをおさえて有効成分を摂取することで、リスクを回避することが可能です。

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑

 

動脈硬化の原因にフリーラジカル

動脈硬化の原因にコレステロールがあるということはよく知られています。しかし、実はコレステロール単体で動脈硬化を起こすのではなく、コレステロールがフリーラジカル(活性酸素)により酸化されることにより、LDL、悪玉コレステロールに変化し、動脈硬化の原因となってしまうのです。

 

フリーラジカルは体を老化させる活性酸素です。動脈硬化をはじめ、様々な病気の原因の一つとして考えられるフリーラジカルですので、できるだけフリーラジカルの発生を抑える必要があります。

 

フリーラジカルを無害化するために取り入れたいのがビタミンEです。ビタミンEは抗酸化作用が強く、血管にも効果が作用します。

 

血管の老化を防ぎ、フリーラジカルを無害化できれば、コレステロールが酸化するのを防げますので、動脈硬化の予防となります。

 

ビタミンEは緑黄色野菜から多くとれますが、サプリメントからも接種はできます。野菜を毎日食べられる人はいいですが、どうしても野菜の摂取が少ない人は、サプリメントを摂取していく必要があります。

 

フリーラジカルを無害化し、動脈硬化を予防するためにビタミンEのサプリメントを摂取する場合に注意したいのが、ビタミンEのサプリは天然物を選んだほうがいいことです。

 

天然物のほうが、体内への働きが長く持続し、フリーラジカルを無害化しやすいからです。

 

サプリメントを効果的に摂取し、フリーラジカルの無害化、動脈硬化の予防を行いましょう。

 

LDLコレステロールとHDLコレステロール

LDLコレステロールとHDLコレステロールは、動脈硬化と密接な関係にあります。

 

LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」HDLコレステロールは「善玉コレステロール」とよばれており、両方ともコレステロールですが、性質が大きく異なります。

 

LDLコレステロールは低タンパク質なコレステロールです。これ自体は実は体には必要なコレステロールなのですが、これが多くなりすぎると問題です。

 

LDLコレステロールが体に増えすぎると、LDLコレステロールは酸化してしまい、プラーク。簡単に言うと残りカスのような状態で血管に付着してしまいます。

 

血管にプラークとして付着したLDLコレステロールにより、血管は弾力性を失います。結果、血液の流れが阻害されてしまうのです。これが動脈硬化の症状です。

 

一方のHDLコレステロールは、血管に詰まったコレステロールを除去してくれる働きを行ってくれます。そのため、悪玉コレステロールであるLDLが増え、善玉コレステロールであるHDLが減ると動脈硬化の原因になり易いのです。

 

LDLを減らし、HDLを増やすにはLDLを含む食物をできるだけ減らし、逆にHDLを多く含んだ食物を摂取する必要があります。

 

具体的にはバターや卵類などを制限し、青魚などを多く摂取することが望ましいです。

 

また、運動も効果的です。無理なくできて効果が高いのはウォーキングです。会社の行き帰りなどに少しウォーキングを取り入れてみるのもいいでしょう。

 

また、サプリメントも非常に有効です。HDLを含んだサプリメントは普通に市販されていますので、外食が多い人などはサプリメントを効果的に摂取し、動脈硬化の予防に努めていきましょう。

 

血糖値との関係性

動脈硬化の原因にコレステロールはよく聞きますが、実は血糖値が高いことも動脈硬化の原因となります。

 

血糖値が高いと、血管の内部が高い血糖に触れてしまいます。そうすると血管内部に傷がついてしまい、傷ついた血管にコレステロールが詰まりやすくなります。それが元で血管の弾力が失われてしまい、動脈硬化となってしまいます。

 

血糖値が高い原因は食事や運動不足などが挙げられます。血糖値が180mg/dlを超えると血糖値が高いといえ、動脈硬化のリスクが高まります。

 

できるだけ血糖値が高い原因になる食材を避け、運動を行いながら血糖値を下げる努力が動脈硬化をふせぐ方法です。

 

また、血糖値が高い場合、下げるために摂取したい食物は青魚やキャベツ、豆腐、キノコといった食材です。

 

逆に炭水化物や乳製品、野菜ではニンジン、ジャガイモなどが血糖値を高める食材となりますので、食事の際に血糖値を上げる食材をとる時は、血糖値を下げる食材と組み合わせてとることが重要です。

 

また、食事でそこまで気を使えない人にはサプリメントを有効活用することをお薦めします。

 

血糖値が高い人は、動脈硬化のリスクは高くなります。できるだけ食事の改善と運動をメインにおこないたいところですが、忙しい現代人にはなにかと弊害が多いものです。

 

サプリメントは、血糖値の高い人が手軽に血糖値のリスクを抑えられる成分を摂取できますので、うまく併用していきましょう。

 

 

【おすすめランキング】に戻る↑↑